【大阪府】こども食堂の取り組み・補助金や助成金について

スポンサーリンク
運営したい

経済的な理由等によって満足な食事を採れなかったり、居場所のない子どもたちに無料(もしくは安価)で食事を提供する「子ども食堂」。

年々需要、重要性が高まる中、各都道府県では助成金や事業支援を行っており子ども食堂の数は年々増えています。

大阪府では府全体で子ども食堂を推進しており、子ども食堂の充足率は21%を超え全国でも高い水準を維持しています。

スポンサーリンク

大阪府が実施しているこども食堂への対応

大阪府

大阪府では社会福祉協議会による「地域こども支援ネットワーク事業」を行っており、子ども食堂の開設、運営維持に取り組んでいます。

この事業の活動内容は子ども支援活動マップ、子ども食堂一覧の作成や助成金の案内や情報交換を行う勉強会、セミナー、講習会の開催など。

他にも非営利団体「子ども食堂コンシェルジュ」を設置し、子ども食堂開設や運営に関する情報発信のほか、子ども食堂に関する相談を電話やメールにて受け付けています。

 

引用:大阪府子ども食堂にかかる取組について

 

大阪府の市町村単位で行われている子ども食堂・支援の事例

大阪府全体の取り組みのほか、市町村区単位でも子ども食堂開設への支援が行われています。

自分の地域が助成金や支援の対象かどうかはその市町村区のHPにて確認することができます。

ここでは例として大阪府内の2つの市と区の取り組みを見てみましょう。

 

子ども食堂|堺市のケース

堺市では子ども食堂開設への補助金だけではなく、子ども食堂への寄付をふるさと納税として扱えるようにしたり、家庭で眠っている食品の提供(フードドライブ)等、周りの人たちが子ども食堂を応援できる仕組みを多数取り入れています。

引用:堺市HP

 

堺市の助成金の内容

子ども食堂開設の準備経費の一部補助(上限20万円まで)

 

堺市の助成金交付条件

補助金交付には条件を満たしたうえで事前相談と審査が必要になります。

条件の一部を抜粋しました。

 

  • 食品衛生上の責任者をおき、安全に食事の提供を行うこと。
  • 原則、月1回以上開催し、1年以上継続すること。
  • 国及び地方公共団体等から、補助金及び負担金等を受けていないこと。

 

この他にもいくつか条件があります。

全ての募集要項や交付申請手順を確認したい方は以下のリンクよりご確認ください。

引用:堺市子ども食堂開設支援補助金

 

子ども食堂|西成区のケース

西成区では定期的に子ども食堂開設における助成金交付の募集を行っています。

1回2回と行われ、令和元年9月には3回目の募集が行われました。

 

西成区の助成金の内容(令和元年9月3回目の募集時)

いずれの場合も、補助対象経費の2分の1に相当する額。(千円未満は切り捨て)

ただし、当該年度の予算の範囲内とします。

 

  • 開設補助については1年度、1開催場所につき150,000円を上限とします。
    (開設日の属する年度の1回に限ります。)
  • 事業補助については1年度、1開催場所につき300,000円を上限とします。
    なお、補助対象期間が1年未満となる場合の補助金額は、補助対象期間とする月数に、月割り25,000円を乗じた金額を上限とします。
  • ネットワーク化補助については1年度につき2,500,000円を上限とします。

 

西成区の助成金交付条件

西成区の助成金交付選定は条件がかなり細かく規定されていますので、一部のみ抜粋します。

 

  • 助成金交付選定は子ども食堂が開設されていない地区の開設団体を優先
  • 補助金交付決定後1年以上子供食堂を継続する事
  • 1回につき10食以上提供する事
  • 毎月2回以上、1回につき2時間以上開催する事

 

詳細を知りたい方は下記の西成区HPにてご確認ください。

西成区HP

 

まとめ

大阪府ではこども食堂に対して金額面での支援はもちろん、情報発信や子どもコンシェルジュによる相談受付を行うなど、子ども食堂開設を積極的に支援しています。

市町村区単位での支援も手厚く、全国でも屈指の子ども食堂充足率となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました