【レビュー】熊谷なないろ食堂でインタビューしました!

スポンサーリンク
食堂レポート

埼玉県熊谷市にある子ども食堂「熊谷なないろ食堂」では、現在、新型コロナウィルスの影響で休校となっている学校に代わり、希望する保護者に対して子どもを預かる子ども食堂に臨時で切り替え運営しています。(現在、働く保護者の方限定です。利用には保護者に同意書を書いていただく必要があります。)

今回はその「熊谷なないろ食堂」さんにお邪魔しました。

 

スポンサーリンク

子ども食堂「熊谷なないろ食堂」さんインタビュー

ーー本日はどうぞよろしくお願いいたします。現在、新型コロナウィルスの影響で子ども食堂を開催している場所がとても少ないです。なないろ食堂さんの方でも今回の開催は簡単ではなかったと思います。決行された理由を聞かせて下さい。

なないろ食堂代表:山口さん。朗らかで笑顔がとても素敵な女性でした

山口さん 「周りが自粛しているというのは重々承知でした。ですが、学校も休みになってしまい、給食だけを頼りにしているというお子さんもけっこういらっしゃったので。その子たちは給食もなくなってしまったらどうするのだろうと思ったんです。」

 

ーー給食だけを食べている子どもたちには大変なストレスになりますね。

山口さん 「自宅で食べられる子たちはそれで良いと思うのですが、そうじゃない子どももいます。子ども食堂がなくなってしまうとその子達は食事に困ってしまうのではないかと思ったんです。

熊谷なないろ食堂は、子ども食堂も週3回やっているので比較的支援になっているかなと思うのです。それなら、いつでも空いている安心感があったらいいのではないかと思いました。「あそこだったらいつでもやっているよね」という安心感のほうが大事かなと思ったのです。」

 

ーーそれで開催を決めたのですね。食事を必要とされている家庭には大変ありがたいことだと思います。

それでは子ども食堂をオープンしている間に気を配っていることを教えてください。

山口さん 「手洗いとマスク着用の徹底をしています。うちは今までビュッフェ式だったのですが、それも変えました。厨房の中で1人ひとり盛り付けてお渡しするとか、来てくださった方全員にも手洗いをお願いをしてから席についていただいています。マスクの着用はスタッフ全員がするなど出来る事すべての対策をしています。」

なないろ食堂のキッチン。

なないろ食堂のメニュー。彩りも豊かで栄養バランスもバッチリ!

 

ーー今回開催することにあたって賛否はありましたか?

山口さん 「特になかったですね。反対もありませんでした。自粛されたいご家庭は参加しないと思いますから。」

 

ーーなるほどそうですよね。私の家の近所でも子ども食堂を中止しているところがけっこうあります。そうするとさっき仰ったように1日に給食しか食べられない子や、毎日食事を一人で摂らなければいけない子などもいて、そういうの場面を思うととてもやり切れない気持ちになりますよね。

こちらのなないろ食堂さんに来る子どもたちの中で貧困などはわかりますか。

山口さん 「来る子どもたちが貧困家庭かどうかはわからないです。でも親子でいらっしゃる方がほとんどですね。」

 

ーー1人で来る子はいないのですか?

山口さん 「中学生以上の子は一人で来ることもあります。小学生ではいませんね。」

 

ーーご飯以外に子どもたちとどのように接していますか?

山口さん 「うちは学生ボランティアさんがくるので、その人達が遊んでくれたりしますね。」

 

ーー子ども食堂は定年された方などがボランティアをされている印象があるのですが、学生さんが多いのもまた素敵ですね。

山口さん 「そうですね。日中は年配のかたや主婦の方などが来てくださいます。その方たちは夕方には帰らなくてはいけませんから、そのあと夕方からは学生たちが来てくれるんですよ。」

 

ーーそれでは最後に、今後運営を続けていく上で計画や展望などを教えて下さい。

山口さん 「子ども食堂を週に3回やるいというのは本当に大変なんです。月に1度だとイベントみたいになってしまって、あまり食事の支援にはならないのかなと思いますし。食材考えたりとか、メニュー考えたりとかも本当に大変なので、新しいことをやるというよりは、継続して週3回続けられるようにしていくことです。」

 

◎本日はありがとうございました。

 

 

まとめ

コロナウィルスの影響で全国の子ども食堂の多くが自粛、中止を決定する中、食事が必要な子どもたちのために安全安心と細心の注意をこころがけなないろ食堂さんは営業を続けてくださっています。

これからも子どもたちのために奮闘するなないろ食堂さんの活躍を応援し続けたいです。

---------------------------------

追記:

取材当時は3月でした。緊急事態宣言が解除された7月現在、熊谷なないろ食堂さんはテイクアウトでお弁当を提供、フードパントリーを開催したりとますます精力的に活動されています。

 

【熊谷なないろ食堂の情報】

開催時間: 月・水・金曜日  pm5時〜7時半まで

電話番号:048-577-8578

現在テイクアウトでお弁当提供中。中学生以下無料 高校生以上200円

コメント

タイトルとURLをコピーしました